イベントカレンダー

トップページ > イベントカレンダー > バックナンバー 2004年
ご利用案内
SL情報局
観光案内
イベントカレンダー
2011年
バックナンバー
過去のトピックス
SL「やまぐち」号ファンサイト
アクセス
お問い合わせ
関連リンク

バックナンバー

アイコンをクリックすると、過去行われたイベントの様子がご覧いただけます。
2004年
SL「やまぐち」号25周年記念日レポート
 遅くなりましたが、8月1日の「SL「やまぐち」号25周年記念日」のレポートです。
 台風10号の影響が、かなり心配・・・
 8月1日早朝、津和野発となるC56が定刻どおり、新山口駅を回送で出発したとの連絡を受け、この日イベントを実施するとすれば、SLの交差は可能であると、まずは一安心です。
SL「やまぐち」号25周年記念日レポート  この日は、SLが運行されるか否かで、イベント実施の可否を判断することとしていたため、直前までどうなるか判らない状況で、セレモニー開始までがものすごく長く感じられ、落ち着きませんでした。
 そして、午前10:00いよいよ、新山口駅での「SL「やまぐち」号25周年記念セレモニー」が始まり、山口県副知事(要旨:復活運転開始以降、観光客やファンに支えられ、今や県の貴重な観光資源となっている、いつまでも夢とロマンを乗せて、力強く走り続けてもらいたいので、皆様の一層の支援をいただきたい。)とJR西日本広島支社長(要旨:SLの勇壮な走りが多くの人々の心をとらえ、山口線の風景にとけ込んでいる。皆さんのご愛顧をいただきながら元気よく走り続けたい)の挨拶がありました。
SL「やまぐち」号25周年記念日レポート その後、C57の一日こども車掌任命式では、宇部市在住の柴川未来さんが新山口駅長より任命証を受け取り、機関士への花束贈呈の後、小郡町長の出発合図で豪快な汽笛の音を奏でながら、SL「やまぐち」号は新たな歴史への第1歩を踏み出したのです。
 出発後の車内では、観光フレンズの岡野雅代さんによる、沿線市町の観光PRや、一日こども車掌の柴川さんによる自己紹介が行われ、また、山口駅を通過してから、SL「やまぐち」号25周年記念乗車証やSLチョロQの配布を実施したところ、みなさんに大いに喜んでいただけました。
SL「やまぐち」号25周年記念日レポート やがて、SL「やまぐち」号(C57-1)は、C56-160の待つ篠目駅に到着、出発前から降り出した激しい雨は収まることはありませんでしたが、柴川さんが「とても感動した」と感想を書いてくれた、2人のこども車掌によるたすき交換式が行われ、お互いがガッチリ 握手した後、一日こども車掌は入れ替わり、乗務を続けてくれました。
 そして、いよいよ出発時刻到来。
 客車の扉が閉められた時、私は篠目駅のホーム上にいました。
SL「やまぐち」号25周年記念日レポート 前後から、2台のSLの汽笛が響き渡り、空気が振動しているのがハッキリ感じ取れる程凄まじい音でしたが、いつまでも聞いていたいくらいの綺麗な音色でした。
 やがて、SLはゆっくり走り出し、篠目駅に訪れていた皆さんの興奮も冷め止まぬ内に走り去ってしまい、SLが交差するという歴史的な出来事は終わりました。
 最後に、25周年記念日は過ぎてしまいましたが、この日のできごとが皆さんの心の中に永く刻まれますことと、これからもSL「やまぐち」号が力強く走り続けることを祈念 しレポートを終わります。
津和野町観光PRデー・レポート 【7月25日】
当日の天候は晴れ、乗客数は約340名。お客様の形態は、夏休みのためか子供連れが多く見られました。
 イベントの内容は、まず山口駅出発後SLチョロQが当たるスピードくじが入った観光パンフレットセットと内アンケートの配布をしながら、車内放送でSL「やまぐち」号の案内をしました。次に、長門峡駅出発後、津和野銘菓源氏巻を配布し、最後に徳佐駅出発後終点地津和野の案内を車内放送するという流れで行いました。
 車内の状況ですが、PRイベント自体お客様には大好評で、イベントを知らずに乗車された方は特に喜んでおられました。
津和野町観光PRデー・レポート
津和野町観光PRデー・レポート
津和野町観光PRデー・レポート  また、車内を廻っていて多くあったのが、「津和野に着いて次のSL出発まで約2時間しかないのですが、どこを見たら良いですか。」という質問です。2時間という時間は何をするにも短く、町としてもモデルコースをできるだけわかりやすく紹介しながら、訪れていただいた方に少しでも満足していただけるように心がけているところであり、また、小さなお子様や年配の方にとっても、車内で2時間過ごして、また直ぐにSLで帰省するというのは、少し疲れると考えられることから、せめてもう1時間滞在時間が増やせれば、お客様にも喜んでいただけるのではないでしょうか。
 最後に、SL運行は当町の観光にとって、非常に大きな位置を占めておりますし、当課宛のメールでも、存続についての要請が多く寄せられています。
 SL「やまぐち」号ほど、多くの方に御支持をいただき、魅力あるものはないと思っています。今後も色々な形でPR等のお手伝いをしていきたいです。
山口市観光PRデー・レポート 【8月15日】
イベント当日の朝はあいにくの雨。しかし、SL「やまぐち」号が新山口駅を出発する頃には小雨に変わり、山口市観光PRデーはスタートしました。
 お盆ということもあり、お客さんも多く、おじいちゃん・おばあちゃんからお孫さんまでの3世代でのお客さんも多数いらっしゃいました。
 SLが新山口駅入線後、まず山口市の魅力がいっぱい詰まった観光パンフレットや、日本3大火祭りと名高い、山口七夕ちょうちん祭りのミニうちわ等を袋に詰めた「観光パンフレットセット」をお配りしました。山口駅を出発後は、西の京を代表する伝統銘菓の外郎と、小郡饅頭を乗客全員にお配りしましたところ、大変好評で「美味しい」との声があちこちで聞かれました。また、乗客の方に「美味しいお菓子をありがとう」と声をかけていただき、スタッフ一同大変喜んでおります。
 車内アナウンスもJRさんのご協力のもと、新山口駅・山口駅・徳佐駅・津和野駅の計4回行うことができ、「SL「やまぐち」号」と「山口市」の魅力をPRできたのではないかと思います。
 また、当市はアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で25名にSLチョロQを、10名に山口市の伝統工芸品である大内塗りのストラップをプレゼントいたしました。ご当選された方に喜んでいただければ幸いです。
 「SL「やまぐち」号」は当市だけではなく、山口線沿線市町村にとっても重要な観光資源であり、誇りです。今年で復活25周年を迎えたSL「やまぐち」号ですが、これからも「貴婦人」の愛称のとおり優美な姿を我々に見せ続けて欲しいものです。

山口市観光PRデー・レポート
山口市観光PRデー・レポート
小郡町観光PRデー・レポート 【9月5日】
当日は天候に恵まれ、夏休みの賑やかさとは違った、初秋の落ち着いた雰囲気が漂うSL「やまぐち」号に乗車させていただきました。お子様連れから友達同士まで幅広い世代のお客様が乗り込まれており、あらためてみなさまに親しまれていることを感じました。
小郡町観光PRデー・レポート
小郡町観光PRデー・レポート
小郡町観光PRデー・レポート  SL「やまぐち」号が、新山口駅を出発し、小郡町から山口市へと進んでいくなか、車内放送によりPRデーの説明と小郡町の紹介をおこないました。つづいて観光パンフレットと小郡まんじゅうが入った袋を、乗客のみなさまにお配りしました。「おまんじゅう、おいしいです。」との声もあり、味覚の面からも小郡町の良さを知っていただけたのではないでしょうか。
 いくつかの暗いトンネルを抜けて進んでいくと、黄金色に色づく稲穂が阿東町を彩りはじめていました。そんな車窓から見える秋の実りに負けないよう、小郡町の特産品やSLグッズを組み合わせた賞品があたる抽選会を行なったところ、当選された方は「旅のお土産が増えてよかったです。」と大変喜ばれました。
 あっという間に2時間が過ぎ、そろそろ終点の津和野町。到着するにあたり、この沿線市町観光PRデーがみなさまの心のお土産となればと思いました。
 SL「やまぐち」号は今年で復活運行25周年。これまでも数多くの思い出を運び、過去と現在を結ぶ架け橋として走り続けるSL「やまぐち」号の魅力を、今後もより多くの方に伝えていきたいです。
阿東町観光PRデー 【9月19日】
阿東町観光PRデー
阿東町観光PRデー
 当日は天気も良く、3連休の真ん中ということもあって、子供から大人までほぼ満席の乗客数でした。
 津和野駅から山口駅の間で、阿東町のPRを行いました。津和野駅を出発後、阿東町の各観光スポット、りんご・なし狩りなどのパンフレットを配布し、徳佐駅の手前から車内アナウンスで高原のまち「阿東町」を紹介しました。パンフレットの中にプレゼント引換券を入れ、SLチョロQ、あとう米・お菓子詰合せなどの特産品をプレゼントしました。 その後、秋の味覚であるりんご、なし(どちらか1個)を乗客全員にお配りしたところ、大変好評でした。試食され、りんご狩りやなし狩りなどの観光農園にお越しいただけたらと思います。
阿東町観光PRデー  SL「やまぐち」号は、沿線市町にとって重要な役割をもっています。阿東町では下り5つ、上り4つの駅で停車し、それぞれの停車駅の近くに、観光スポットがあります。また、写真撮影や見物できる場所も数多くあり、SLに乗られる方、SLを見られる方それぞれに魅力を感じていただけると思います。今年は復活運行25周年。これからもSL「やまぐち」号の存続を願うものです。
アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
ページトップへ