イベントカレンダー

トップページ > イベントカレンダー > 過去のトピックス > 山口鉄道部 田丸部長さんコラム 【2】
ご利用案内
SL情報局
観光案内
イベントカレンダー
2011年
バックナンバー
過去のトピックス
SL「やまぐち」号ファンサイト
アクセス
お問い合わせ
関連リンク
コラム第2回「山口線と鉄道文化遺産」
コラム第2回「山口線と鉄道文化遺産」   山口線は大正12年に全線が開通した。鉄橋、トンネルなどの構造物は当然、大正時代のものである。新山口~津和野間に木戸山、田代、白井トンネルなどがあるが、出入口付近を目を凝らして見ると煉瓦で造られていることがわかる。アーチは煉瓦構造、側壁は石と煉瓦構造となっている。煉瓦は深みのある時の流れを感じさせるものを持っている。また、車内からは見えないが、田代トンネル両出入口上部に漢詩の額が嵌(は)めてある。仁保側には「柔遠能邇 正毅」(※1)、篠目側には「造化譲功 素水」(※2)と、いずれも山口県が生んだ軍人で宰相となった、寺内正毅と田中義一の揮毫(きごう)(※3)によるものである。
 今年の春、松本清張の「砂の器」がテレビで放映された。木次(きすき)線亀嵩(かめだけ)駅として篠目駅が撮影の舞台となった。篠目駅には大正11年に建設された煉瓦造りの給水塔がある。その給水塔付近には機能はしていない腕木(うでぎ)式の信号機も建っており、開通当時の風景を見ることができる。「砂の器」の舞台として、格好のロケ地となった。放映されて4カ月以上たった今も、多くの人が篠目駅を訪れ、給水塔を背に写真を撮っている。
 津和野駅には蒸気機関車など車両の向きを換える転車台車がある。大正12年製で80年以上経過している。今なお現役である。昨年10月の天皇皇后両陛下津和野行幸啓の折、5両編成のお召列車を全て方向転換させるという重要な役割も果たした。また、復活25周年記念事業の一環として、上り出発信号機付近と転車台付近に腕木式信号機を建植した。この腕木式信号機は、昭和56年9月の津和野駅腕木式信号機廃止後、津和野町に貸与された蒸気機関車「D51-194号機」とともに建植されていたものであるが、大正から昭和初期の原風景を再現するとともに、鉄道文化遺産としての腕木式信号機を末永く保存するため移設したものである。
 山口線には大正時代のものが多く残されている。2時間かけた「やまぐち号」の旅もよいが、途中下車をしてゆっくり往時の鉄道文化遺産を訪ねる旅もいいものである。
※1 柔遠能邇… トンネルが開通したために遠くの人も近くの人も便利になり、幸せになるだろう。
※2 造化譲功… 万物を創造する神(造化の神)も功を譲った。
※3 揮毫(きごう)… 毛筆で文字や絵をかくこと。特に、知名人が頼まれて書をかくこと。

田丸 道男 著/田丸 道男(JR西日本山口鉄道部長)
「山口きらめーる」より抜粋
詳しくは http://kirara.pref.yamaguchi.lg.jp/mag/html/20040813/html_20040813.html
山口きらめーる
アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
ページトップへ