SL情報局

トップページ > SL情報局 > C57形1号機
ご利用案内
SL情報局
SL「やまぐち」号復活の歴史
C57形1号機
D51形200号機
C56形160号機
レトロ客車
SL沿線グッズ
SLチョロQ
全国のSL
スタンプラリー
割引情報
鉄道の父 井上勝
観光案内
イベントカレンダー
SL「やまぐち」号ファンサイト
アクセス
お問い合わせ
関連リンク

C57形1号機

 C57形蒸気機関車は昭和12年(1937年)から201両製造された亜幹線旅客用蒸気機関車です。C55形を改良して誕生した機関車で、従来のスポークタイプとは違うボックスセンター動輪の採用、使用圧力の増圧など近代化されていることが特徴です。四国を除く全国各地の主要線区で活躍し、近代蒸気機関車の傑作機の一つとされ、細いボイラーと大きな動輪の組み合わせからスタイル全体のバランスがとれ、「貴婦人」の愛称で親しまれてきました。このC57形の記念すべき第1号機が山口線を走るC571号機です。

C57緒元
全長(mm) 20280
重量(t) 115.5
動輪径(mm) 1750
石炭積載量(t) 12
水積載量(t) 17
最大出力(馬力) 1290
製造 昭和12年
製造場所 川崎車輌
C571
C571号機の脇に書かれた「昭和12年川崎車輌」という文字が、歴史の重みを感じさせる
ボイラー周辺には計器類が並び、これらの機器は機関助士がすべて手作業で管理している。左側が運転席。
ボイラー周辺には計器類が並び、これらの機器は機関助士がすべて手作業で管理している。左側が運転席。
アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
ページトップへ