SL情報局

トップページ > SL情報局 > D51形200号機
ご利用案内
SL情報局
SL「やまぐち」号復活の歴史
C57形1号機
D51形200号機
C56形160号機
レトロ客車
SL沿線グッズ
SLチョロQ
全国のSL
スタンプラリー
割引情報
鉄道の父 井上勝
観光案内
イベントカレンダー
SL「やまぐち」号ファンサイト
アクセス
お問い合わせ
関連リンク

D51形200号機

 D51形蒸気機関車は、1936年から1945年の間に製造された大型の貨物用機関車です。
 戦中戦後の国内貨物輸送の増大に対応するため、長期に渡り製造されたこともあり、その製造両数は日本の機関車の中で最多となる1,115両にのぼります。
 「デゴイチ」の愛称は機関車の代名詞にもなりました。

D51 200諸元
全長(mm) 19,730
重量(t) 125.1
動輪径(mm) 1,400
石炭積載量(t) 8
水積載量(m3) 20.0
最大出力(馬力) 1,280
製造初年 昭和13年
製造場所 国鉄浜松工場
D51形200号機

D51形200号機

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター
ページトップへ